上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
10月29-30日に浜松の天竜川沿いの浜北滑空場で中部日本航空連盟主催の2011グライダー競技会in浜北が行なわれ、連盟3支部およびヤマハソアリングクラブの4団体が空を楽しみ競いました。
2011競技会in浜北の開会式
開会の挨拶をされる中部日本航空連盟小山勇会長

出場機は岐阜支部:DG505(JA505G)、愛知支部:DuoDiscus(JA20CD)、静岡支部:Puchacz(JA2558)、
ヤマハソアリングクラブ:ASK21(JA2350)
飛行準備をするDuoDiscusとDG505G

出発準備・DG505G

出発

JA505Gの着陸進入
初日は晴天でしたが上昇風が弱く、早上がり競技で得点できたのは20名中わずか6名と厳しい条件でした。
南側から発航のJA505G 背景に工事中の第二東名
二日目は終日北風予想で南側から発航を始めましたが、2発の慣熟飛行のあと北側発航に戻して競技をスタートしました。朝方の晴れ間も次第に雲がかぶさってきて上昇風が消えたままで、滞空と指定点の通過精度の得点方式となりましたが、昼過ぎには雨となって競技を終了しました。
岐阜支部チームのメンバー
総合優勝はヤマハソアリングクラブ、支部優勝が愛知支部となりました。
岐阜支部は次回は必勝で行きます。ご支援ありがとうございました。
表彰式
順位はともかく嬉しい受賞
sennin
スポンサーサイト
2011.10.31 Mon l 活動レポート l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。