上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
Alexander SchleicherからASK21ベーシック トレーナーとASH30Miオープンクラス高性能グライダーの間を埋める新設計のASG32が公開されました。


“全く新しいデザインは、特に非常に人気のある20メートルFAI二人乗りクラスに合わせた。高い性能と優れたハンドリングは、飛行中だけでなく、地上でも、私たちの最も重要な目標です。ASG32は競技パイロットだけでなくクラブやレクリエーションパイロットにもオプションとのエンジン·バリエーションの範囲が広いため十分有用である。”

と言うことです。
Schempp-Hirth ARCUSと同じクラスで戦うことになりそうです。

ベースのASG32はピュア。
ASG32Miはセルフロンチで56PSのロータリーエンジン、ASG32Elはサステナで電動を搭載する予定。

ASG32Mi[1].
前席操縦席。LX最新のグラスコクピットのようです。

ASG32Mi[3].
操縦席横の「ASG32Mi」のロゴ。

ASG32Mi[2].
トータルエナジーとピトー垂直尾翼前縁にはLED衝突防止灯がオプションで搭載できます。
尾輪も引込式!

ASG32Mi[4].
前胴全体

ASG32Mi[6].
後胴全体

ASG32Mi[7].
複座機としては細い胴体

ASG32Mi[5].
バグワイパー収納部と操縦席換気排気口

asg32三面図
三面図

Schempp-Hirthは無骨な男性的な感じを受けますが、Alexander Schleicherは柔らかく女性的な感じをうけます。
誰かプレゼントしてくれないかな

画像はLiga van Vlaamse Zweefvliegclubsより転載

ZEEK
スポンサーサイト
2013.05.08 Wed l その他 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。