上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
去年の5月にお伝えした
新しい20ⅿ+フラップ付複座機 Alexander Schleiher ASG32登場!
が今年の5月31日にPoppenhausen(Wasserkuppe)で初飛行に成功したとHPで公開されました。

夏を思わせるような中で、新しいSchleiherの20ⅿ複座機は、最初のテストを成功に収めました。
設計者の Michael Greiner と CEO Peter Kremerが最初の飛行をしました。
このグライダーは、多くの技術的な革新を含んでいます。
着陸の後、それらはクリアーされていました。
ASG 32 Miは、すべての点で高い可能性を満たしています。
~Alexander Schleiher H.P.から抜粋~

32 erstflug 001 855[1]_convert_20140615092254
格好良いね
どんな飛行機も格好が良いと性能も良い

3220erstflug2000320421[1]
Duo Discus とArcus程は特徴は無いけど一目で判りそうなフォルム

Tail wheel steerable and retractable
引込式でステアリング機能が付いた尾輪
一寸華奢で壊しそうな気がする

A distinctive wing geometry
独特の主翼形状

Aero tow at the first launch
最初の飛行は航空機曳航で実施

Michael+Greiner+and+Peter+Kremer+back+from+the+maiden+flight_convert_20140615092549.jpg
最初の着陸

Peter Kremer was the first to congratulate Michael Greiner
初飛行を終わらせ握手する設計者の Michael Greiner と CEO Peter Kremer

3220erstflug2002120421[1]
自力発航も実施

fc2blog_20140615092808b9a.jpg
やっぱりイイね~
尾翼の背が高く面積も大きく方向安定も良さそうだ
尾輪が無いグライダーは理想のスタイルでスマートさに拍車がかかる

画像は全てAlexander Schleiher H.P.から抜粋
ZEEK
スポンサーサイト
2014.06.15 Sun l その他 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。