上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
4月22日

本日大利根飛行場に出向き昨年12月から3,000時間点検に出していた5Gを領収しました。
機内は再塗装されCTRL Computerも換装されました。
機外はゲルコートクラックがあった部分は全て剥がして構造に損傷がないことを確認しクロスを1層充ててから再塗装してもらっています。
操縦系統はガタがある部分のベアリング、機体部品は交換し、エルロンの操舵力軽減キットを搭載しました。
横の舵は軽くなったのですが、縦の舵の重さが目立つようになりました。
トレーラも問題部分を対策してもらいました。
勿論、アウトリガーも取り付けました。

DSC_0276_convert_20170423041045.jpg
ピカピカです

DSC_0278_convert_20170423041143.jpg
計器の配置は変わりませんが、コンピュータは換装しています

DSC_0279_convert_20170423041247.jpg
支部長と5Gヘビーユーザー

DSC_0281_convert_20170423041351.jpg
心配したこの部分の構造は健全でした

DSC_0282_convert_20170423041450.jpg
Reg.番号も書き直されました

DSC_0287_convert_20170423041552.jpg
成田へアプローチする機体を眺めながら利根川沿いを曳航されました

DSC_0293_convert_20170423041652.jpg
某大学のASK21は6,000時間点検だそうですw(゚o゚)w

ZEEK
2017.04.23 Sun l 活動レポート l top
4月15-16日
ついに始まってしまいました。
例年1st. STAGEは荒れた天気となります。
今年も初日は弱い気圧の谷の通過で降雨が止まず昼過ぎまで待機し、1400から機体を組み始め1430に初発を上げることができました。
1630まで飛行を続け初日は6回飛ばして無事終了しました。

日曜日は春らしからぬ濃い霧で始まりました。
秋は放射冷却で霧が出た日は良く晴れますが、春には珍しいと思います。
それでも0900には無事青空となり、日中の昇温も期待できそうです。

DSC_0254_convert_20170418001008.jpg
新しい4mX4mのテントを出しました
キャノピーもUV Guard 50+仕様です
まだ霧の中!

DSC_0261_convert_20170418001113.jpg
昼休み前から対流が活発になり始めました
雲底は10,000ft、上空は風が強く30-40ktで尾根では雪煙が吹き荒れていました

DSC_0264_convert_20170418001643.jpg
穂高付近で層流ぽいリフトにも出くわしました

4月15日
本日の飛び道具:T2
本日の飛行回数:6回

4月16日
本日の飛び道具:T2・YD・CJ・5M・600
本日の飛行回数:18回
本日のLongest:5M 3+23

ZEEK
2017.04.18 Tue l 合宿 l top
4月2日
エアパーク周辺の町内会長さんに挨拶回りするのはこの時期の恒例行事です。
しかし、今日はあまりにも条件が良すぎ少し恨めしい気分で出掛けました。
何とか8地区の町内会長さんにお会いでき、御挨拶と飛行概要の説明等をお伝えしてきました。
今年は全ての方が御在宅で少し時間が掛かりましたが終わらせることができ合宿に向けて一歩前進しました。
常宿の四反田旅館へも顔を出し対応していただいた女将さんに挨拶とお願いをしてきました。
参加を計画されている方は晩酌時に地図を出してエアパークからの距離と高度差を把握しておいてください。

DSC_0236_convert_20170403231757.jpg
乗鞍西斜面が呼んでます!

ZEEK

2017.04.03 Mon l 合宿 l top
3月30日
ここのところ全く更新できていませんでした。
あっという間に二か月が過ぎ、今週末はもう4月となってしまいます。
何とか合宿に焦点を合わせ遅滞なく?鋭意前進中です。
そんな中、合宿でいつもお世話になっている飛騨エアパーク事務局長が3月末で退任されるという情報が飛び込んできたので、
今日の予定を全てキャンセルし御挨拶へ行ってきました。
今年はここ数年来になく高速道路の法面の雪が多くびっくりしました。
エアパークもまだ冬の装備のままでした。
今年は期待できるかな?

DSC_0228_convert_20170330233452.jpg
管理棟はまだ雪囲いに覆われたままでした

DSC_0226_convert_20170330233351.jpg
東側エプロンに立派な仕切りが付きました

DSC_0225_convert_20170330233221.jpg
北西風12ktでした
エプロンの草地にはまだ残雪がありました

DSC_0230_convert_20170330233546.jpg
管理棟脇にも残雪がたっぷり!

ZEEK
2017.03.31 Fri l 合宿 l top
SCHEMPP-HIRTHから新しいVentusが出ました。
オーストラリアのBENALLAで開催された世界選手権にも早々にVentus3として7機が参戦し総合優勝こそ逃したが最上位は2位に入る健闘ぶりでした。5位6位7位11位27位33位に入り新型機ながら上位に入って機体のポテンシャルの高さが垣間見えました。参戦した機体はJS1、ASG29、Ventus2であったがASG29が大半を占めていました。この大会の15ⅿクラスで市川 展さんが総合2位となりました。おめでとうございます!
新しいVentusは胴体を見直し、スポーツエディションとパフォーマンスエディションの2種類が用意されています。
簡単に言えば搭載エンジンにより分けられていて、スポーツエディションはターボ仕様、パフォーマンスエディションはセルフローンチ仕様です。
詳細に興味のある方はメーカーのHPをご覧ください。

New_Ventus_3_view_dwg_convert_20170126222813.png


Technical Data @スポーツエディション

                  metric          imperial
Wing Span             18 m          59.06 ft
Wing Area             10.84 m²        116.58 ft²
Aspect Ratio           29.9           29.9
Approx. Empty Mass      300 kg         661 lb
- with FES            350 kg         771 lb
- with Turbo           350 kg         771 lb
Max. All-up Mass        600 kg         1323 lb
Approx. Wing Loading      34 - 55 kg/m²     7.0-11.3 lb/ft²
- with FES            38 - 55 kg/m²     7.9-11.3 lb/ft²
- with Turbo           38 - 55 kg/m²     7.9-11.3 lb/ft²
Max. Permitted Speed     280 kmh        151 kts (174 mph)

*FES=Front Erectric Sustainer

New_Ventus_convert_20170126211234.jpg
SCHEMPPの胴体も基本形は踏襲しつつも無骨さが減り少しスマートになってきたように感じます

New_Ventus__Arcus_convert_20170126211348.jpg
Arcusと共に写るとDiscus以来SCHEMPPのデザイン傾向多段上反角、多段後退角が良く判ります

New_Ventus_cockpit_convert_20170126211627.jpg
操縦席は新しい機体が出る度に洗練され行くように思えます
カーボンの内張に革の座席、グラスコクピット化されています

Cockpit_view_convert_20170126211507.jpg
計器盤も乗り降りしやすいようにチルトアップします
VNEも18mとなっても280km/h!

誰かプレゼントしてくれないかな!
*画像は全てSCHEMPP-HIRTH社HPから抜粋転載

ZEEK


2017.01.27 Fri l その他 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。